6,なかよし家族(6)

「んひゃん……あ、亜花梨、くすぐったいよぉ」
「らって勿体ない」
「んもう……じゃあ私はこっち貰うね」
「ん……」

 静江が亜花梨の頬についた白濁液を舐める。それはつまり、亜花梨の顔に舌を這わせたということであり、姉妹のキスシーンとも言える光景だった。
 お互いの顔にくっついた樹液を舌ですくい取る動きはどんどん艶めかしくなっていき……遂には舌を絡め、濃厚なディープキスへと展開し始める。

「んちゅる……ちゅば……はぁぁ……亜花梨のベロ、たっ君の味がするぅ……」
「姉貴の方こそ……えっちな匂いさせてるよ……んちゅ……ちゅば……ん……美味し……」

(え、えろすぎる……!)

 姉二人が龍之助の体液を取り合い、舌を絡める。想像すらしたことない官能的な景色に、発射したばかりの龍之助はのぼせそうなほど昂奮を覚えていた。
 龍之助の牡臭に当てられた二人は幸せそうに舌を合わせる。口から溢れる水音が部屋に響くたび、いけないものを見ているような気分になり、心臓が脈打ち、強く鼓動した。
 やがて姉達が鳴らす水音は上だけに留まらず、下の口からも鳴り始める。亜花梨が静江の秘所に手を伸ばし、濡れそぼった姉の大事な部分を慰めるように撫で始めた。

「んん! あ、亜花梨、あっ、んひゃあぁっ! あ、だ、駄目っ、駄目だよぉ」
「ここまで来たらもう駄目なことなんて何もないでしょ?……ほら、姉貴もあーしの触ってよ」
「んあっ、あ、あ……う、うん……そうだよね」

 亜花梨の言葉に頷いた静江は、促されるまま亜花梨の秘所に手を伸ばす。

「んはっ……! ああっ、ほ、他の人に触られるの、やっばいかも……!」
「うん……! 自分でするより敏感で……っ、あっ、くぅんんっ!」

 慰め合う二人は躰を丸めながら、抱き合うように愉悦を味わう。目の前でよがり合う姉妹を見て、龍之助は唾を飲み込んだ。

「あらあら。タツ君、お姉ちゃんが気持ち良くなってるの見て昂奮しちゃった?」
「え……あっ!」

 優菜の声に龍之助が反応した直後、下腹部に心臓を掴まれるような感触を覚えた。
 姉の絡みに夢中になっていた龍之助が意識を下に向けてみれば、いつの間にか屹立が復活していた。

「ふふ、出したばっかりなのにまた大きくしちゃって」

 優菜は色々な液体ででろでろになった逸物を優しく握り、器用に指先を動かして刺激してくる。

「あああ、ああああ……!」

 ちゅくちゅくと卑猥な音を鳴らし、肉棒に吸い付く柔らかい指に龍之助は悶えるような声を上げる。
 回復したとはいえ、発射したばかりの剛直には刺激が強く、龍之助は電気を打ち込まれたように身体をビクつかせていた。

「私もタツ君の子種が欲しいなぁ。どうかなタツ君、出来そうかな?」

 扱き上げる手を止めずに、優菜が言った。

「で、出来る……! 出来ますぅ……!」

 優菜が行う手淫の刺激が強すぎて、龍之助はおかしくなってしまいそうだった。敏感な部分を容赦なく責め立てる、優菜の奉仕から逃げる意味も含めて、龍之助は溢れるほど元気に返事をした。
 龍之助の言葉を聞いて、優菜は手の動きをピタリと止める。

「それじゃあ……私は下の口に貰おうかしら」
「下の……」

 優菜は姿勢を変えようと膝を崩そうとした。それに合わせて龍之助が上体を起こせば、彼女は四つん這いになってこちらに臀部を向ける。

「こっちの口に、タツ君の精液を流し込んでくれる……?」

 うっすら口を開いた秘所は見てわかるほどに濡れており、優菜は待ちきれないと言った様子で腰をくねらせていた。
 姉達の刺激的な光景を見たこともあり、昂奮している龍之助は恍惚としたまま、優菜の姿に下腹部に血を集める。

「あ……母さんが抜け駆けしようとしてる!」

 こちらの様子に気付いた亜花梨が、こちらに指をさしながら声を張った。

「あら、バレちゃった」
「タツッ! あーし達にも! もう昂奮でアソコが疼いて……おかしくなっちゃいそうなの」
「……お願い、たっ君」

 四つん這いのまま、猫科の生き物を思わせる動きで姉二人がにじり寄ってくる。
 発情した瞳でこちらを見つめる熱量が、視線越しに伝わってくるようで股間がみるみる熱くなり、灼けた鉄みたいに感じた。

「じゃあ……三人同時に可愛がってもらいましょう」

 何かを思いついたように優菜が口を開く。優菜に促されるまま誘導された姉達は、優菜を挟むように横並びになってこちらに桃尻を向けた。

「さぁ、タツ君……私達でいっぱい気持ち良くなって」

 龍之助の挿入を誘う様に優菜は腰を艶めかしく動かした。誘引されるように視線を奪われる龍之助を見て、負けじと亜花梨が、そして静江も腰をしならせる。
 目の前では無防備な秘所が横一列に並んでこちらに口を向けている。夢でも見ているかのように現実感のない光景に惚けてしまい、昂奮が止まらない。

「早く……タツのでかいの、突っ込んでぇ」
「……」

 息を荒げながら、龍之助は優菜の細い腰に手を伸ばす。ひやりとした肌に手が触れると、優菜が驚き身体を跳ねさせた。
 スリスリと、彼女のしっとりとした肌の感触を堪能してから秘所に剛直をあてがう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました