長編小説【R18】

結花ちゃん家の新性活

2.18話

「ごめんなさい……ぐすっ、ごめ、んなさっ、……」 彼女は泣きながら謝っている。恐らく俺にじゃなくて旦那さんに。 例え娘の為に躰を許したとしても、自身まで気持ち良くなってしまったら。それこそ気をやってしまうなんて事があれば、自分も楽しんでい...
結花ちゃん家の新性活

2.17話

「どうぞ」  ブラを脱ぎ終わった彼女はそう言うと、再び顔を背けてしまった。 俺はシャツの膨らみに視線を向けると、その中央には先程まではいなかった突起が浮き出ているのが見えた。 その官能的ともいえる突起物に手を伸ばしてから、指で掴み、...
結花ちゃん家の新性活

2.16話

 いつか本屋で手に取った、心理学の本に載っていた『ドア・イン・ザ・フェイス』という心理誘導術がある。 無理難題を言って断らせてから、その後要求を下げると、罪悪感で相手が要求を受け入れやすくなるという交渉術の一つだ。 まだ口約束の段階である...
結花ちゃん家の新性活

2.15話

「あ~~。ようやっと終わった」  PCに向けていた腕を伸ばしながら、体に残った悪い息を吐き出した。 今しがた書き上げた書類をクラウドにアップロードして、反応が返ってくるまで待つ。これで今日の仕事は終わりだ。 スマホを起動して時間を確...
結花ちゃん家の新性活

1.14話

 彼女の手に触れると、まずはねとりとした感触がした。そして少女は俺が驚くよりも早く自身の手を引っ張る。 掴んだ手は摩擦を感じさせず、潤滑油を塗っているかのように少女の手が逃げていった。 あっというまの出来事。掴んだと思った手は、少女が隠す...
結花ちゃん家の新性活

1.13話

 母親と二人で寝室の扉を見つめてから少しの時間が経過した。 しかし寝室からは何の物音も起きずに、部屋はしんと静まり返る。 少女はやはり寝直したのかも知れない。俺は寝室に向かって扉を開けた。 静まり返った部屋の中を覗き込むと、 「うえ...
結花ちゃん家の新性活

1.12話

「んっ、はぁ……、ふぅ……んっ……」(もうダメ……我慢できないっ)「んぅっ! ~~~~!!」  一瞬、頭が爆発したと思った。 視界が真っ白になったかと思えば、目の前には火花が散っている。 強く閉じた目蓋を開けると眩しくて、辺りの輪郭...
結花ちゃん家の新性活

1.11話

(何……これぇ、はぁ……止まらない……)  右に左に――指で撫でるように突起に触れる。 色々な触り方を試していると、たまに大きな刺激を感じる場所に当たる。その度に触る範囲を狭めて少しずつ……気持ちよくなる場所を探し当てる。 しかし―...
結花ちゃん家の新性活

1.10話

 どれぐらい眠っていたのだろう、聞き慣れないチャイムの音で目が覚めるとさっき知り合ったお兄さんが目の前にいた。 「起きた?」「……ふぁい」  しゃんと返事をしたつもりだが上手く舌が回らない、唾を飲み込むと喉に渇きを感じる。 も...
結花ちゃん家の新性活

1.9話

 やっと頼れる相手を見つけた彼女は俺を上手く使って何か楽をしようとしているのだろう。 その考えが読み取れて少し怒りを覚えたが、確証もないのでグッと堪える。 彼女は俺の心情に気付いてないのか、話を続ける。 「もし良ければ、私が仕事に行...
結花ちゃん家の新性活

1.8話

ピーン、ポーン  もう一度、同じテンポでチャイム音が鳴る。 頷く少女を見届けてから玄関まで向かい、扉を開けると案の定、少女の母親が立っていた。 「あ、先程はすいません。荷物を運び終わったので結花を迎えに来ました」「そうですか、お疲れ...
結花ちゃん家の新性活

1.7話

(お、今の反応は……)  手応えがあった辺りを丹念に責め続けると、少女の腰は電気を撃ち込まれているかのように身震いしている。 「はっ、あっ、はぁ、あぅっ、あっ」  さっきまでとは違う、色っぽい、弾んだ声を出す少女。 少女...
結花ちゃん家の新性活

1.6話

 艶を帯びた吐息に驚き、まだ触り足りない桃尻からゆっくり手を放す。 起きてしまったのではないかと顔を覗き込んで確認してみると、少女はスゥスゥと幸せそうに寝息を立てている。  この様子ならまだ起きなさそうだな……。  少女の熟睡...
結花ちゃん家の新性活

1.5話

「はい、お待たせ」「ありがとうございます」 グラスを受け取った彼女はクピクピと水を飲むと楽になったようで、安堵の表情を浮かべる。「もう鼻血は止まったかな?」 俺が質問すると少女は抑えていたティッシュ離し、鼻の様子を確認する。「大丈夫そうで...
結花ちゃん家の新性活

1.4話

 寝室で向かい合わせに座っている少女に視線を移す。 床に座り込んでいる俺の目線はベットに座る少女と良い感じに高低差があり、自然とスカートの中を覗き込む形になってしまう。 少女は民間療法信者なのか座っても直、上を向いているので自分の恥部を覗...
タイトルとURLをコピーしました