5,みんなと楽しんでしまった。(2)

 脚を持ち上げた静江は、龍之助に腰をがっちりと拘束して、動くのを催促してくる。
 普段の大人しい、おずおずとした見た目とは全然違う、快楽に狂った姉が可愛らしくて……龍之助は満面の笑みを作ってしまっていた。
 静江が懇願するままに、止めていた腰を動かしてみれば、静江は大きく身体を反らした。

「おおぅ……! はっ、はぁっ! そこ……そこひゃめぇ……」

 呂律も回らなくなるほど息を荒げた静江は、それでも脚で龍之助を捕まえ続けていた。
 優菜よりも少しだけ控えめと言った具合の豊乳を揺らしながら、涎を垂らして愉悦を味わう。
 そこには姉の威厳など微塵も感じない。一人の女の姿がそこにあった。

「ひっ、ひぐっ! イッちゃうっ! 気持ち良さが登ってくるのっ、と、止められないっ!」

 静江が髪を振り乱しながら、耐えるように自身の指を噛む。まるで赤子が乳を吸う様に、口に指をさしこんだ姿が何ともいやらしい。
 幼児返りでもしてしまったかのような姿に、龍之助は昂奮を覚えて、より激しく静江の急所を責め立てる。
 流石に耐えきれなくなった彼女は、驚いたように目を見開き、感電したかのように身体を揺らす。

「ひぐううぅぅぅぅぅ~~~~!」

 絶頂を迎えた静江は艶声を高々に上げて、断続的に痙攣している。
 剛直を挿し込んでいる膣壺は口径を縮めていき、龍之助を逃がさないよう、きつく締めあげた。
 それがなんとも言えぬ快感を送り込んできて……ゆっくりと膣内から剛直を引き抜けば、カリ裏にドロドロになった肉がひっかかり、思わず呻き声を上げそうになってしまう。
 ズルズルと肉を引きずる感触を楽しみながら、亀頭冠が見えるまで雄棒を引き抜けば、再び腰を突き出す。
 すると雄棒が膣奥に戻っていくたびに、「ああああ……」と声にならない息を漏らしながら、静江が戦慄く。

「しゅご、しゅっごい……たっ君のちんちん、でかくて固くて……男らしすぎるよぉ! いくっ、また、またイグッ!」

 再び静江の身体が跳ねた。法悦の余韻を全身に受けながら、嘶くように悲鳴を上げた彼女は、徐々にぐったりとさせはじめる。
 適度に脱力し始めた膣肉は、まるで飲み込むように突き刺さっている雄棒を最奥へと導く。引き抜こうと腰を動かしても、気にも留めずに奥に連れて行こうとする膣の感触に、龍之助は震えた。

「もう出ちゃう……っ! 静江姉ちゃんの一番深いところに出しちゃうよ!」
「いっいいよぉ……たっ君が満足するまで、私の膣内にいっぱい射精してぇ……」

 ドッピュゥ! ドビュルル! ビュルッビュルルッ!

「んぐぅっ! きたぁっ……! たっ君のドロドロ孕ませ汁……っ! 身体の中に流れ込んでくるぅ……!」

 本日一回目の射精が静江に注ぎこまれた、濃厚な子種が弾丸のように静江の子宮に向かって撃ち込まれていく。
 灼けるほどの熱量を感じる体液が膣内に広がり、脱力している上体とは反対に、龍之助を捕まえている静江の脚には逃がさないようにと、より強く力が入っていた。

「お腹が……ぽかぽかするぅ……」

 緩み切った表情で幸せを噛みしめる静江は、汗を浮かべながら、火照った表情で呟く。

「たっ君の精液……多すぎるぅ……こんなに出されたらお腹の中が、たぷたぷになっちゃうよ……」
「だって、静江姉ちゃんの膣内が気持ちよすぎるから……」
「~~~~! たっ君、大好きっ!」
「わぷっ」

 感極まった様子で静江が抱き着いてきて、唯一自由だった上体まで、今や彼女の手の中だ。
 汗ばんでしっとりとした身体に包まれながら、何とも言えない、心地のいい匂いに龍之助は心が癒されていく思いだった。

「ねぇ、もっかいしよっ」

 腕の力を抜いて、こちらを見ながら静江は言う。
 まだ一発しか出していない龍之助はまだまだ性欲が有り余っている、静江の提案には望むところであった。

「勿論、僕ももっとしたかったんだ!」
「ふふ、やったっ」

 静江は嬉しそうに微笑む。乱れた髪をそのままに、嬉しそうに身体を弾ませるものだから、ついていくように胸も弾む。それはもうぽよんぽよんと。
 柔らかそうな二つの双丘から目を離せなくなってしまい、自然と腕が胸に伸びてしまっていた。

「あふ……ん、くすぐったぁい……」

 優しく豊乳を潰してみれば、静江は笑いながら身体を見悶えさせる。実際にくすぐったいのだろう。
 それでも、揉みしだく腕を止めることはしなかった。遠慮なく、スライムのような柔らかさと堪能していると、笑い声は徐々に吐息に変わっていく。

「はぁ……はあぁぁ……、んっ、ふああ……」

 静江は顔を紅潮させていた。まるで酔っ払いのように陶酔した瞳は焦点が合っておらず、龍之助から送られる感触に集中しているという感じだった。
 赤くなったのは顔より下、乳房も同じだ。丹念に揉みしだかれた二つの膨らみの頂上にある先端は、すっかり固くなっており、その鋭さは彼女の身体をより強く卑猥に見せる。
 すっかり固くなった昂奮の印に、龍之助は舌を伸ばす。

「ふあっ……ああああ……乳首、舐めちゃ駄目ぇ……」

 またしても、彼女は駄目といいながら自身の胸を隠す事なく曝け出す。全く抵抗する様子のない彼女を見て、貪るように彼女の乳頭を舐り続けた。

コメント

タイトルとURLをコピーしました